活動状況

2017/ 7/ 31   

健診標準フォーマットの最終案が完成しました。日本医学健康管理評価協議会において最終決定されますが、その前に資料を公開しました。

 

2017/ 6/ 5   

3期特定健診等制度の開始に伴う健診データの電子化に関する現状調査を行っています。皆様のご協力をお願いいたします。

 

2016/12/14・15 

平成28年度第2回日本医学健康管理評価協議会ワーキンググループが開催されました。協議会の最終決定に向けた健診標準フォーマット2016(提示案)について協議が行われました。

 

2016/10/12  

健診標準フォーマットの推進などについて日本医師会が中心となり日本医学健康管理評価協議会が共同宣言に調印しました。日本医師会会館にて記者発表を行いました。

http://www.med.or.jp/nichiionline/article/004710.html

 

2016/6/2

平成28年度第1回日本医学健康管理評価協議会ワーキンググループが開催されました。

最近の日本医師会における動向に加えて、平成28年度の作業内容等が協議された。

 

2015/12/24 

平成27年度第二回日本医学健康管理評価協議会が日本医師会館にて開催されました。

 

2015/10/10

日本医師会共同利用施設パイロット事業として参加15機関に対して正式な協力要請がされ、実質的なデータ変換作業が開始されました。

手順として、各施設から提出しやすいフォーマットで事業主健診、各種がん検診等について個人属性情報を除く健診・検診データをCSV形式で収集され、変換作業が開始されました。

 

 

2015/9/20

医師会共同利用施設への事業説明と調査が終了いたしました。

参加機関:

茨城県石岡医師会、茨城県茨城県医師会、東京都品川区医師会、静岡県焼津市医師会、愛知県半田市医師会、石川県石川県医師会、富山県高岡市医師会、兵庫県西宮市医師会、兵庫県姫路市医師会、広島県福山市医師会、山口県徳山医師会、大分県臼杵市医師会、佐賀県佐賀県医師会、福岡県宗像市医師会、福岡県福岡市医師会、以上15医師会

 

2015/8/22 全国医師会共同利用施設総会(大阪)において日医健診標準フォーマットについて発表を行

いました。 https://www.med.or.jp/nichinews/n270920f.html

 

2015/7/17 日医共同利用施設施設長・管理者連絡会議にて日医健診標準フォーマットについて説明が行いました。 

 

2015/6/16

日本医師会共同利用施設検討委員会で標準化事業の参加機関募集が開始されました。7月末までに15施設が参加することになりました。

 

2015/5/25 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)健診部会において、日医健診標準フォーマットについて説明会が開催されました。

 

2015/5/18 日本医学健康管理評価協議会 標準化作業WGが開催されました。

日医健診標準フォーマットについて各団体からデータ項目の過不足について議論が行われました。

 

2015/4/15 日本医師会にて、日医健診標準フォーマットの運用開始のニュースリリースが行われました。

https://www.med.or.jp/nichinews/n270505g.html

 

2015/3/18 日本医学健康管理評価協議会が再開されました。

日本医師会が中心となり健診データを分析する際のデータの精度を高めることを目的に健診団体が横断的に集まり、健診データの管理項目の標準化を推進していくことが合意されました。

 

2008/2/22 日本医学健康管理評価協議会が設立されました。